大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タッチセラピー

しょくいく。

というと、一般的には「食育」だけど、
「触育」というものもあります。

大阪駅に8時50分。
この土日は「触育」などを学ぶタッチセラピーの
インストラクター養成講座に行ってきました。


「泣いたら抱っこしてあげて」
産婦人科や、三ヶ月検診では
それだけを教えてもらってた気がするけど

「肌に触れる」ことは「心を育てる」ことなんだ、と
腹に落ちたかんじ。


赤ちゃんが欲している「今」に、
抱っこという形の愛情を向けてあげると
子供は安心して、心がどんどん満たされていく。

子供の心が愛情でおなかいっぱいになると
あふれた愛情は、家族に、友達にと向き、
自分の周りを幸せにできる大人へとステップアップしていくんだなぁと

感じたわけです。


夕飯の支度をしているときにごんたが、
「牛乳ちょうだい」と言った時、
「ちょっと待って。ごはん作ってるから」と答えると
「いや!いま牛乳ちょうだい、今!!」と言う。

とてもうっとおしい。

でも、ごんたにとっては、「牛乳」よりも「今」が大事なんだろう。


ワクチンや免疫などの、おばあちゃんの知恵的なものは
目からウロコなこと、やっぱりそうか、と自信につながることもたくさん。

オイルを使ったトリートメントでは、
かぜちゃんが実験台で、いろんな人にマッサージしてもらっていました。

ベビーマッサージというと、赤ちゃんだけなイメージだけど、
タッチセラピーのマッサージは、中学生くらいまでOK。

ベビーは抱っこすることで、ママと触れる機会が多いけど、
歩きだして、触れる機会が減っていく3歳以降の子供にこそ
大事なんじゃないかな。
絆を深められるツールになるんじゃないかな。



この2日間、ごんたはお父ちゃんと過ごしていました。

何がいちばん楽しかった?と聞くと、

「んんーーー。お母ちゃんがいなかったこと」
プラレールを走らせながら、素で応えるごんた。

くぅううううう~~~!!
素直に寂しかったと言えんのか!!!
[PR]
by u-rararara | 2011-02-14 14:58 | かぞく