大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

手巻きがお好き

a0120978_1505447.jpg
a0120978_1511092.jpg
今日は福岡の祖父母から
大きな鯉のぼりが届きました。

いやいや立派だな〜。
ふたりとも元気に大きくなーれ。


そして久しぶりに、ごはんの写真。
a0120978_1513635.jpg

ごんたに夕飯のリクエストを聞くと
「手巻き寿司」
「お好み焼き」
「ばくはつ弁当」←ごはんの上におかずを盛るだけ

この繰り返しで
手巻きなんて週三回することも。

もう飽きたよ。

というわけで、今日は私好みに。
●たけのこご飯 ●こごみのおかか和え ●えのきの塩蒸し
●豚肉の野菜巻き デミソース
a0120978_1513635.jpg


おいしそう〜、いっただきまーす。


と、ご機嫌よく食べようとしたとこで、ごんた、号泣。

「お母さん、今日は手巻き寿司って言ってたのに〜(>_<)
オレ、たけのこご飯いらない!!」


ええええ、そんなこと言った覚えないよ!!
だって、たけのこご飯の素は昨日の晩に作ってたし。


「じゃあ、海苔に白ごはんのせてお肉巻いて食べたら?」

とかなんとか落ち着かせて、巻かせてみる。
好きなお肉ってことで、ごまかせそうだったけど、、、


「オレ、キュウリも巻きたいの。人参も巻きたいの」と、ごんた。

「人参はお肉の中に巻いてあるんだよ。スペシャルやろ?
エリンギもまいてあるんだよ!!」

ダンナも、うまいうまいと盛り上げる。


「いやや、キュウリ。キュウリも巻くの。キュウリ〜」

お前はカッパか!うるさいわ!


「とりあえずひとくち食べてみて。
おいしくなかったら、キュウリも切るから!
キュウリとデミソースは合わないからさ。」


ごんた、渋々ぱくり。



「、、、おいしくない、、、」


かチーン。


こんなときは、
深呼吸。


おいしくないなら仕方ないのだ。

けど、素直にはキュウリを切れない私。
「キュウリの塩もみに、10分かかります。そうしないとキュウリはおいしくないから」

と、待たせる間、お箸を進める。
だっておなかペコペコなんだもん。


「ごんたの好きなソース味にしたら、
お肉をモリモリ食べるかなーとおもったんだけど」
とダンナにグチると

「オレ、醤油味ならよかったの」と、ごんた。

な、なんじゃそりゃ。
ダンナ、ツボにはまって笑いまくる。



「あと五分やで、、、」

号泣の勢いが落ち着いて、小声のごんた。

お腹すいてるけど
おいしくないと言った手前、お肉を食べられず、手持ぶさた。
お茶をすすらながら、キュウリを待っている。


「お母さんのたけのこご飯分けたろか?」

みかねて声をかけると、コクンと頷いた。

スプーンで口元に持ってくと、
ひとくち、ふた口と嫌がらずにモグモグ。

「、、、オレ、たけのこご飯いらないって、言わなければよかったんやな」


お、三歳児の気遣いがでてきた。


そして10分経過。

私も大人な対応できるくらいに落ち着いてきて、
いつも通りにキュウリを切って、
お魚と人参もお皿に並べてあげる。


すると
「お母さん、キュウリ切ってくれて、ありがとう」

おおお。

「オレ、明日は文句言わない。
手巻きじゃなくても、ごはんにふりかけ自分でかけて食べる!」

おおおおお。

家族だんらん、みんな笑顔。よかったよかった。


そして、ひとつ目を食べ終わったごんた、
「ごちそうさま〜♪お父ちゃん、遊ぼー」


えええええ?一つで終わり??


もう、突っ込む気にもなれませんわ。
[PR]
by u-rararara | 2011-05-02 14:59 | かぞく