大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめての。つづき

日曜日。
ダンナは草野球。

わたしとごんたとかぜちゃんは
お友達とスパーワールドに行きました。

三人でプールは、はじめて。
案の定、はしゃぐふたりを追いかけてドタバタなわたし。

かぜちゃんと同い年の、やえちゃんファミリーは、おっとり。

それぞれのペースで遊びつつ
たまに遊んだり、ランチしたり。

一通り泳いで、少し休憩したいなー、と売店に行くと

かき氷400円〜。


高いなあ。


自販機を見たら、

セブンティーンアイスが160円。


こっちだな。


かぜちゃん、はじめての
グレープシャーベット。

「つゅめた〜!」と、おいしいのサイン。

かわゆし。たまらん!


ごんたが手に持ち、
三人で順番に、食べる。

しあわせ〜★



ぽりぽり。

ボリボリ、、。



ふと、かぜちゃんを見ると
口のまわりが、真っ赤。
ぶつぶつだらけ。


あーしまった。
シャーベット、と思って油断した。

なんか入ってたんだ〜(−_−;)
乳製品かな。

でも、美味しいものを目の前に
食べるなとは言えない。。

ごんたに多めに食べてもらい
とりあえず水でじゃぶじゃぶ洗って冷やす。

プールに入ってしまえば
楽しさで、痒みも忘れるみたいなので
もうひと泳ぎ。

泳いでる間に、赤みはひきました。


ごんたもしょっ中
赤くなってたな。懐かしい。


温泉で汗を流して、着替えして
フードコートでおやつタイム。

プールでクタクタと思いきや
キッズコーナーを見つけたふたり。

遊びまくること、1時間。


すごいわ、君たち。。


おかげで、わたしは体力が回復。
殺人的な日差しも、やわらぎました。

自転車に乗ると、
ふたりともコテンとお昼寝。

のんびりこぎながら、携帯をみると
「銭湯にでも行ってくるわ」と、ダンナからのメール。


わお。


てことは、
寝てるふたりを抱えて家に入らなあかんのね。
ショッキング!!


うんざり気味でマンションに着くと

ごんた、お目覚め。
「おとう、待ちくたびれたんちゃう?」


いや、おとうは銭湯に行ったんだって。


と、伝えると
ごんたが不満げな顔をしかけたので


ねぇ、おかあさん暑くて疲れてアイスが食べたいんだけど、
ごんたも一緒に食べない?

でも、かぜちゃん寝てて買いに行けないから
おかあさんの代わりにごんたが、イレブンで買ってきてくれない?



徒歩2分のドラッグストアまで

はじめての
おつかいを提案。


「えっ!またアイス!お金、あるん?」


意表ついた提案に、おめめキラリーン★


「おかあのかき氷と、オレのと、
おとうのも買ってくるわ!!
あと、歯ブラシも買うわ!!いくらかな?」


歯ブラシ!?
そういえば、クタクタになってたから
そろそろ買おうって話したね。


千円を渡すと、

「道路ははしっこ歩くわな!!」と言いながら、
早足で出掛けていきました。



頼もしいけど、
さすがに心配なので、
かぜちゃんを抱っこして、曲がり角まで様子を見に。


待つ時間って、長く感じる。。


しばらくすると、
道路のはしっこからひょっこり、ごんたの姿が。


左手にアイス、右手に歯ブラシとお釣りを握りしめて、小走りしながら

「おかあの歯ブラシは買ってないねんけど、いいかな?もっかい行ってきたろか?」

だってさ。



おもろいなー、この子やっぱり。

優しいなー、ほんまに。


かぜちゃんも目覚めて、
三人で二回目のアイスを食べました。


はじめての尽くしの一日。

夕飯には、
米粉で餃子を作りました。はじめて。
[PR]
by u-rararara | 2012-07-24 18:15 | かぞく