大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

困ったことは

年が明けてから、

起きて、遊んで、食べて、寝る。

とてもシンプルな毎日を過ごしており

今日、はじめて公式な人とお話しました。



保育園の、ごんたの担任と面談だったのです。
半年に1度の。



「保育園やご家庭で困ったこと、ないですか?」

毎回聞かれる、この質問。


困ったことに、あんまり困ったことがないのです。


うーーん。と頭をひねって

「あ、カーペンターブロックが使えなくなった、って言ってました」と私。
a0120978_5243590.jpg
a0120978_5244982.jpg
a0120978_525226.jpg

毎日のように、写真を撮るのが楽しみだったんです。

「サンタさんから新しいオモチャをもらったので
 入れ替えをしたんですよ~。いろいろ遊びを広げてほしくて」と先生。


うんうん、それは想像できます。


「気になるのは、『オレがカーペンターしすぎてほかのオモチャで遊ばへんから直されるねん。サンタさんのオモチャでもっと遊ばなあかんねん』って、自分のせいに感じてるみたいなんです」


これは、ごんたの思考のクセ。

何かの事実を
自分が原因と想像してしまうこと。

●●したい、じぶんの意思より
●●せなあかん、ルールを優先すること。

できないとダメ、(オモチャで遊ばないとダメ)と思い込むこと。


「先生にカーペンターしたい、って言えばいいねん。って言っても
『どうせあかんって言われるもん』って返ってくるんです。悪いほうにも想像力豊かで」


男なんだから、もっと図太くいきなよ、と思うけれど
繊細で優しいのがごんたのいいところ。


先生には、
できなくても、がんばったことが大事なんだと、声かけてほしい、とお伝えしました。





「オレ、年長さんになりたくない。だって年少さんの面倒みなあかんもん」と、ぼやくごんた。

保育園生活もあと1年。
先生が守ってくれるのも、あと1年。

小学校になったら、いろんな壁があるんだろうなぁ。
一個ずつ、乗り越えていけるといいなぁ。
[PR]
by u-rararara | 2013-01-06 05:26 | かぞく