大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

*エライ!スゴイ!を、やめてみる

a0120978_1654061.jpg
今日のごきげんとても良い
今日の体調とても良い
あんな、オレな、今日な、
がくどうのおへやに行くまえ
オレだけちゃんとしてたから
サカナさんで(年中さん)オレだけ
さいしょに行けてんやん!

きっしー(担任の先生)に、
ほめられてんで!!


すげーやろ!!!!



お迎えのとき、

自転車に乗りかけた姿勢のまま、

弾丸トークがとまらない、ごんた。



何のことやら???

だけど、つまり、

誇らしかったんだね。



「ごんた、ちゃんとしてたんや。
ルール守れたんだー。
きっしーは、見ててくれたんやね。
嬉しいね〜」



自転車に乗って走り出してからも

それはもう、詳しく褒められた経緯を

説明してくれました(o^^o)




今までなら

「ほめられたの!スゴイやん〜」

と、言ってただろうけど





ルールを理解して、守ろうとしてること

褒められて嬉しかった気持ちに

フォーカスできました。



秋に受けた、アドラー心理学の子育て講座で

結果を認める、賞賛より
過程を認める、勇気づけを

というのが

ストンと腹に落ちてから。


口ぐせだった


スゴイね!
エライね!

を、控えめにしています。



大人に褒められたくて
ルールを守るのではなく

ルールを守れたじぶんを
誇ってほしいなと、思うのです。


結果の良し悪しではなく
チャレンジする過程を楽しんでほしいなと。




条件つきも、控えめにしています。


プリントしたら、テレビ見られる、
ごはん完食したら、おやつ食べられる、

たぐいのお約束って

いくつかあるけれど、


なんか目的が違うなーと、違和感なのです。




働いたら報酬がもらえるけど、

お金のために、働くわけではない、

みたいなこと。



年明けてから

ごんたはとても、落ち着いていて

余裕を感じます。

私にも、かぜちゃんにも。



写真は、保育園で作った鬼のお面。

「ミドリはな、Yちゃんのやねん、
大好きやからな、ミドリが。ええやろ〜」と、

お友達のを先に教えてくれたり。


嬉しいね。


















[PR]
by u-rararara | 2013-01-29 09:32