大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:たび( 4 )

久高島/沖縄・知念村

もう一ヶ月もたつけど。
沖縄旅行のメイン。久高島の思い出です。
a0120978_147593.jpg

沖縄本島の南の方、太陽が登るところに浮かぶ久高島。
周囲8キロ。南の港から北の断崖まで3キロほどの細長い島。

日に6往復、安座間港(あざまこう)から船が出ています。

港に着くと、ガイドさんが迎えに来てくれました。
島の出身の男性、60歳くらいかなぁ。
若い頃は東京で働いていたけど、島に戻りガイドなどの仕事をしているんだって。

ボロボロの軽のバンで、ゴトゴトと細い道を進むわたしたち。
久しぶりの晴天。日差しの強さは初夏なみ。
ガイドさんが帽子を貸してくれました。
a0120978_1474044.jpg

「今日は島のお祝いの日なんです。13歳と60歳の。
 神事ではないので、入れない場所はないんですけど、
 2時間なので、主要なところだけ行きますね」

そう。イリールームの居心地がよすぎて、
島に渡る時間を遅らせたので、ツアー時間が短くなってしまったのです。

a0120978_1482941.jpg

最初に連れて行ってもらったのは「イシキ浜」。
ニライカナイから神様を乗せた船がやってくる場所だそうで、
島だけでなく、琉球王国にとっても大切な神聖なところ。
a0120978_1485376.jpg
a0120978_1491419.jpg

五穀が入った壷が流れてきて、それから久高島、沖縄本島へと穀物が広まったとされる伝説の場所なんだって。

ニライカナイ、は久高島ではニラーハラー。
東のはてにある神の国のことだそうです。
人の魂はニライカナイからやってきて、体が滅びると魂はニライカナイに還ると信じられているそう。
極楽浄土とはちょっと違うんだろうな。
命の源であり、信仰の象徴であり、というかんじなのかなぁ。


12月の「ウプヌシガナシー(健康祈願)」という大きな祭祀のときには、
ここでノロや神女(かみんちゅ)という女性たちが神様にお祈りを捧げるんだって。
a0120978_1503576.jpg
ただ、今はノロと呼ばれる人はいなくなり、
以前は40名近くいた神女も7名になり、祭祀も簡略化されてるみたいなんだけど。

ガイドさんはそういう現実を淡々と語るんだよね。
a0120978_150881.jpg

寂しいとか、どうにかしきゃみたいな焦りとかはなくて。
時代と共に変わっていくものを、そういうもの、と受け入れるだけみたいな雰囲気が
なんだかとっても大きなものに感じました。

それでも家ごと、親戚探知、そして島をあげての祭が毎月いくつもあって
大きな祭の時には、島に住んでいない人も帰ってくるんだそう。

島での神様へのお願い事は、まずは健康祈願、家族の無事が第一というシンプルなもの。
次に豊作などの豊かさ、安全とか。
神様にお願い事をしたら、願いっぱなしにするのではなく、
必ず感謝をするんだって。かなう、かなわないは別にして。


a0120978_1495145.jpg
真っ白い砂浜。
頭の中も真っ白になる。
海の向こうに、ニライカナイが見える気がするなぁ。

a0120978_1511625.jpg

星の砂じゃなくて、これは太陽の砂なんだって。

「あーーー!!ごんたの大好きな棒があった!」

さらさらの浜に流れ着いた木の枝を気に入ったごんた。
でも、もって帰ることはできないのです。

ここにあるものは、砂も植物も波も、すべて神様のもの。
だからせっかく見つけた太陽の砂も持ち帰ったりしたら、
返しに行く夢を見たりするんだって。

というのをダンナがくどくどと説明・・・
理解したのか、「神様にどうぞ~」とおいてきてくれました。ほっ。



続いて、車に乗って島の最北端へ。
といっても2キロ先だからほんの5分くらい。
真っ白い一本道。ゴトゴト揺れる車の中で、びしょびしょのズボンをお着替え。
a0120978_1532297.jpg

ついたのは「カベール」という岬。

琉球神話で、沖縄の祖神であるアマミキヨ(アマミク)が初めて降り立ったと言われてる場所なんだそう。
a0120978_1534943.jpg

a0120978_1593368.jpg


「お父ちゃんの車と、一緒やなぁ」

ガイドさんのは白い軽のバン。
ウチのは、シルバーのワゴン。ぜんぜん違うんだけど??

「おおおおお!!!ほんまや!!!!ナンバーが!!!」


なな、なんと。
ナンバーの4桁が一緒なんだって。
子供の記憶力って不思議なところで発揮されるんだね。


ロマンスロード。
a0120978_1543722.jpg

対岸には首里城。
a0120978_155699.jpg

沖縄で最高の聖地とされるフボーウタキ。
a0120978_155219.jpg
a0120978_1561194.jpg




景色はとっても素敵だけど、
ごんたが転がり落ちそうで、私もダンナもガイドさんもヒヤヒヤ。

あらゆる場所でごんたがはしゃぎ回るので、あっという間に時間オーバー。

回る予定だった場所もあきらめて、港へ。

おなかペコペコ。
a0120978_1555022.jpg
a0120978_1565470.jpg

ソーキそばと、もずくのてんぷら。絶品でした。

船を待つ間、港のそばのビーチへ。
a0120978_1591532.jpg
どんだけ遊ぶねん・・・。
a0120978_1583169.jpg
a0120978_159340.jpg


帰りの高速船。おやつを食べながらウトウト・・。

a0120978_1575489.jpg
さぁ。本島に戻ったら、カヌチャベイへ!続きはいつかまた。
[PR]
by u-rararara | 2010-03-26 02:01 | たび

斎場御嶽/沖縄・知念村

3年ぶりの聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」。

15:00にガイドさんと待ち合わせ、だったんだけど、
「ちょっと・・・予約を入れすぎちゃって、1時間ほど遅れます」と電話が入り、
やっと会えたのは16:30すぎ。

さすが。沖縄時間。


それにしても・・・。
入口には大きな看板ができていて、
小さな駐車場には車がいっぱい、観光バスまで!!

募金箱とペライチの案内書が無造作に置いてあった場所には
ぴかぴかの観光案内所が。

びっくり。


ガイドさんを待つ間、たっぷりお昼寝したごんた。
不思議な聖地の空気に、入口から「だっこぉぉぉーー」を連発。
a0120978_0315610.jpg
a0120978_0322072.jpg

御嶽は・・・、本当に何も、ない。
岩と樹木と観光客。

道は歩きやすくなっているけれど、
爆弾でゆがんだ岩や、つぶれちゃった河はそのまんまなんだって。
修復するのってお金がかかるらしくって。


そして私は、うまくカメラを使いこなせないのでした。
a0120978_032443.jpg
a0120978_033118.jpg

ここが一番、清い場所といったらいいのかな。
ちょうど青空が出てきて、光が強すぎたから写っていないけど、

ここから、久高島がキレイに見えるんです。本当は。
何も手を加えていない、自然の樹木の隙間にキレイに浮かぶ久高島。
年に何度か、久高島から昇る朝陽の光が、この場所にまっすぐに届くんだって・・・。


これは近くのニライカナイ橋から見た久高島。左上に浮かんでるのんです。
a0120978_0351863.jpg


私の技術の問題もあるけど、
やっぱり写真で残せるものじゃないのかも。あの空気は。

そして、ずっとグズグズだっこされていたごんた、ここに来て号泣。

「お父ちゃん、ちゃんとだっこして!!!!」
a0120978_0372846.jpg

ガイドさんも苦笑。久しぶりのヒステリックな泣き方。

なんやねん、もう!ガイドさんの話、ほとんどわからなかったよ。とほほほほ。


そんなこんなで、慌ただしく御嶽ツアー終了。
御嶽を出たとたん、泣き止むごんた。

なななな、なんやねん!!!!


「ねぇ、こいつ何か感じたんかなぁ。御嶽の神秘的な何かさぁ」と、だんな。

え?そういうこと?
子供って、見えないものが見えたりするって言うしね・・・・。



「なんで、泣いてたん、なにが嫌やったんや」ダンナがごんたに尋ねると、

「お父ちゃんが、ぎゅって引っ張ったから、痛かったの」


・・・・・。

え?
御嶽ではずっと抱っこだったよね。
てことは、入口でガイドさんに挨拶した時?

ふと見ると、ごんたの左手、だららーーんとして動いてない。

証拠写真。
a0120978_0375192.jpg



土曜日の17:30。あわてて那覇のこども病院へ。
渋滞でノロノロ運転、いつもなら暴れたおすごんたが
きちんと座ってるだけで冷や汗。


まぁ、結局のところ、肘の筋肉だったか、なんだかが外れちゃったらしく、
お医者さんがちょいちょいっと触るとすぐに治ったのでした。


病院を出ると、満天の星空。もう20:00。
おなかペコペコで、通りすがりの沖縄料理店へ。
a0120978_0381072.jpg
a0120978_0411172.jpg


そんなこんなで、イリールームに着いたのが遅くなっちゃったのでした。


久高島の出来事はまた後日!!
[PR]
by u-rararara | 2010-03-02 00:38 | たび
「なぁ、4月は神戸空港からやったらスカイマークで8000円台やで。また行こうや」

ダンナがもう一度行きたいと言い出したのは、知念村のプチ宿「イリールーム」

3年前に移住したご夫婦がされている2部屋だけの小さなお宿。
ホームページを見て、なんだかとっても惹かれてしまって。
聞くと、ホームページを見ての宿泊は二組目なんだって!
そして、私以上にダンナが気に入ってくれたのも、とっても嬉しいこと。
a0120978_8163262.jpg
久高島から登るピンク色の朝日・・・神秘的でした。
だんだんと手前のビーチへ太陽の光の道が、ゆっくりと、力強く伸びてくるんです。
3週間ぶりの晴天だったんだって。

オレンジの光と、小鳥のさえずりに包まれて屋上のお風呂へ入りました。

そしてテラスで朝ごはん。
a0120978_874294.jpg
a0120978_8161127.jpg
西さんお手製のジャム、お庭で作ったお野菜たち、自家製のハーブティ。
何もかも、贅沢。

あと・・・見た目はマンゴーみたいなんだけど、
味は栗のようなかぼちゃのような、まったり濃厚なフルーツをいただきました。
名前忘れちゃったんだけど、、、
今度お庭に植えたいって言われてたので、次回のお楽しみにしよう。
a0120978_8165268.jpg

ふたりがいるテラスで、お食事をいただきました。
左手が私たちが泊まったお部屋。
お宿というより、おうちの離れに泊めさせてもらったかんじでした。
a0120978_817867.jpg

a0120978_8172167.jpg
a0120978_8174080.jpg
a0120978_8175131.jpg
a0120978_818460.jpg
a0120978_8181696.jpg
a0120978_8182945.jpg

a0120978_8184230.jpg

青空と、花と、緑、そして手作りのアート。
わくわくするものばかり。

ただ、いろいろあって、宿に着いたのが夜20時すぎになってしまい・・・
朝、あまりに居心地がよすぎて、久高島へ渡る船を一便遅らせたんだけど
それでも物足りなかったの。
もっと奥様のお話も聞きたかったし、お庭で遊びたかったし。





でも、やりすぎでしょ。4月は。いくらなんでも。

夏にしよう。コマカ島に行こう。久高島の右に見える無人島。
ごんたが3歳になる前に。


今日のばんごはん、沖縄を思い出しながら。
ゆし豆腐風のお汁、にんじんのサラダ、のどぐろの塩焼き
a0120978_1103678.jpg
a0120978_1111671.jpg



沖縄の続きはまた後ほど・・・。
さぁ、働くぞ!!
[PR]
by u-rararara | 2010-02-25 01:12 | たび

太平洋だ~♪

今日は毎年恒例の5家族20人★サマーバケーション!!今年は徳島の牟岐(むぎ)で海水浴です。

集合は淡路島に朝7時!そこから3時間ほど渋滞することなく、小悪魔ごんたとうたた寝しながら、快適ドライブです♪


牟岐は海亀で有名な日和佐のおとなり。だから砂浜はさらっさら。沖縄の珊瑚の砂とは違って、純粋なキレイな砂。そして美しい太平洋!!遠浅の入り江だから、波が長いし安定してて、浮き輪でも波乗りできちゃうかんじ。高い波にもまれたり、プカプカ浮いたり
小悪魔ごんたは絶好調!


泊まったのはビーチそばの「少年自然の家」。林間学校とかで行きそうなトコで、私たちのほかは、町内の子供会や少年野球といったかんじで。そりゃビーチは貸切状態なはずだ…。レクリエーション用のオモチャや体育館にプールまで自由に使えて、夜のバーベキュー&翌朝・昼込みで大人ふたり5600円!!ごはんはおいしいし、お風呂やお布団なんかが、とっても清潔。穴場ですわここ。



が、夜の花火をしようとすると雨が…。バケツの水を引っくり返したような。朝、海を見下ろすと、小さな入り江の砂浜は波にのまれ、山側からの道路は川のよう。

総雨量が300ミリを超えると、通行止めになりココから出られなくなるらしい……。帰れるの!?雨はおさまるの!?
[PR]
by u-rararara | 2009-08-09 14:00 | たび