大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー

<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

*初うどん

1月31日。かぜちゃんの朝ごはん。

★焼きおにぎり

★米粉パン

★うどん


うどんは、



小麦粉100%の正真正銘の、うどん。


を、2本。

いつものうどん(ほんまはビーフン)に混ぜて。



生まれてはじめてのうどん。

「かぜ、食べれんの〜?」

と、言いながら、ちゅるるん。


「これ、からいやつ〜??」

ニヤニヤしながら、ちゅるん。



じぶんが食べられないものは

からいやつ。

という、認識のかぜちゃん。


卵やクロワッサン、ビスケットは、

からいやつ。



何事もなく、

おなかいっぱい食べ終わり

何事もなく、

いつも通り保育園に行き。



呼び出しの電話もない。

きっと、大丈夫。

よかった。
[PR]
by u-rararara | 2013-01-31 12:56
a0120978_1654061.jpg
今日のごきげんとても良い
今日の体調とても良い
あんな、オレな、今日な、
がくどうのおへやに行くまえ
オレだけちゃんとしてたから
サカナさんで(年中さん)オレだけ
さいしょに行けてんやん!

きっしー(担任の先生)に、
ほめられてんで!!


すげーやろ!!!!



お迎えのとき、

自転車に乗りかけた姿勢のまま、

弾丸トークがとまらない、ごんた。



何のことやら???

だけど、つまり、

誇らしかったんだね。



「ごんた、ちゃんとしてたんや。
ルール守れたんだー。
きっしーは、見ててくれたんやね。
嬉しいね〜」



自転車に乗って走り出してからも

それはもう、詳しく褒められた経緯を

説明してくれました(o^^o)




今までなら

「ほめられたの!スゴイやん〜」

と、言ってただろうけど





ルールを理解して、守ろうとしてること

褒められて嬉しかった気持ちに

フォーカスできました。



秋に受けた、アドラー心理学の子育て講座で

結果を認める、賞賛より
過程を認める、勇気づけを

というのが

ストンと腹に落ちてから。


口ぐせだった


スゴイね!
エライね!

を、控えめにしています。



大人に褒められたくて
ルールを守るのではなく

ルールを守れたじぶんを
誇ってほしいなと、思うのです。


結果の良し悪しではなく
チャレンジする過程を楽しんでほしいなと。




条件つきも、控えめにしています。


プリントしたら、テレビ見られる、
ごはん完食したら、おやつ食べられる、

たぐいのお約束って

いくつかあるけれど、


なんか目的が違うなーと、違和感なのです。




働いたら報酬がもらえるけど、

お金のために、働くわけではない、

みたいなこと。



年明けてから

ごんたはとても、落ち着いていて

余裕を感じます。

私にも、かぜちゃんにも。



写真は、保育園で作った鬼のお面。

「ミドリはな、Yちゃんのやねん、
大好きやからな、ミドリが。ええやろ〜」と、

お友達のを先に教えてくれたり。


嬉しいね。


















[PR]
by u-rararara | 2013-01-29 09:32
a0120978_9381454.jpg
a0120978_9525682.jpg
a0120978_9525733.jpg
a0120978_953420.jpg
a0120978_953476.jpg
a0120978_953534.jpg
a0120978_953662.jpg
a0120978_953623.jpg
横浜から移住した、ご夫婦が営む

小さなペンション「イリールーム」。


ご主人が設計したスタイリッシュなお宅、

お庭にはバナナやハイビスカス、ハーブ、

お部屋には奥さま作のアートがおしゃれ。


私は、

まだ星がキレイな時間に目覚めて

久高島から登る朝日を待ちながら

ヨガするのが、

至福の楽しみ??




今回も話が尽きなくて

夜は、山盛りの海ぶどうパスタを囲んで夜更かし。

朝は、自家製ハイビスカスジャムと沖縄の野菜たちを味わいながら、
太陽ギラギラになるまでまったり。



ごんた、

「西さーん、次は7月がいいなー。
なんでかってオレのお誕生日パーティしたいからな。
5日は保育園でするから、その後か前な。
で、何日にする??」


さて、

保育園、最後の夏は
いつにしましょうかね。




[PR]
by u-rararara | 2013-01-28 00:20

子連れ沖縄☆斎場御嶽

a0120978_0193031.jpg
御嶽ーうたき。


沖縄に何百とある、神聖な場所。

何か特別なものがあるわけではなく。

ただ、崇めるための、場所。

神とつながる、清らかな場所。



その中でもここ、斎場御嶽は、

格が高いとされる御嶽。

世界遺産なんです。



ここに来るのは、4回目。



はじめての時は

ほんまに何もない、

大きな岩と茂った樹木の間に

道らしきものがある、ただの場所だったのに



石碑がたち、案内所ができ、

今回は階段や手すりまで、

できていました。



2回目は、2歳半のごんたが号泣。

おとうが腕を引きすぎて、ひじが抜けちゃって。


今回は、かぜちゃんがグズり気味で
「おかあ抱っこぉ〜」と号泣。

足場の悪い坂道を、抱っこしたりおんぶしたり。



神秘的な空気に浸りたいのに〜。


ざわざわする心と向きあいながら。


胸の中で、手を合わせる。




海の向こうに浮かぶのは

聖地の中でも、沖縄一といわれる久高島。

ニライカナイから神が降り立ったといわれる久高島を

大切に守るような眺め。


何千年の間、数えきれない人の祈りで

清められてきた、この眺めを

ただ見たくて、やってきたかんじ。



ほかの御嶽からも

久高島をのぞむ場所は多いそう。



いつかゆっくり巡りたいな。



[PR]
by u-rararara | 2013-01-27 10:19
第三土曜日は、ベビーマッサージ教室。

2013年初のレッスンに

4組のママ&ベビーがお越しくださいました。


はじめましてのレディがふたり。
かわいい笑顔で、活発に動く
キュートな7ヶ月。

初マッサージも臆することなく
楽しんでくれていました。



赤ちゃんがえり中のイケメンSくん1歳7ヶ月。
春には弟くんができるそう。
今日はママを独り占めして
甘えたい放題〜??


お喋り上手なレディKちゃん。
一年前は号泣だったのに
今日は自由きままに散策★


いろんなママとベビーたちの姿。

とても、癒されます♪



レッスンの合間に撮ったお写真を
次回お越しいただいたときに
プレゼントしています。



ベビーマッサージがだいぶメジャーになり

助産師さんや、保育士さんが
教室されてることも、多々あります。

助産院や区役所で、ワンコインでできるベビーマッサージも。



私は

働くことも、育児も、楽しみたい。
よくばりママにいちばん寄り添える

ベビーマッサージの先生です。



だから

写真を撮る時には
ママがキレイに写る角度を狙っています。


仕事がたてこんで、
こどもと向き合えないとき

こどものイヤイヤに
しんどくて投げ出したいとき


ベビーマッサージをしてる
ママ自身の輝く笑顔を振り返り


乗り越えるきっかけに
なれたらなと。


それくらい、キレイ。
ママたちの包み込むような笑顔。




今日のテーマは
「病院へ行くまえにママができること」

お腹のあたたかさや、鼻水の具合。

「いつもと違うかも?」という

ママの直感って、

日々、養われてます。



ベビーマッサージを日常にすることで

ママ力って、さらにぐんぐん養われていくんです。



いまのじぶんに
自信もっていいんだよ。


そういうメッセージを

伝えていけたらなー、と



写真とオリジナルテキストに
こだわっています。


ベビーマッサージ教室のまえの晩は
徹夜近くなることもあるけど。



10年近く、ゼクシィで学んできた

本質を伝えるチカラ。


それが私の、

ベビーマッサージ教室の強みです。



今日も、ママたちの心に

勇気の種をお届けできますように☆
[PR]
by u-rararara | 2013-01-26 16:26
a0120978_16181449.jpg
a0120978_16181558.jpg
a0120978_16181622.jpg
a0120978_16181671.jpg
神秘的な森に包まれたくて

ずっとずっと気になっていた

「ガンガラーの滝」。


ふたりにはまだ難しいかなーと思っていたけど、



沖縄1日目。

レンタカーでガイドブック見ていたら

そわそわ、うずうず。

やっぱり行きたくなってきて、、。







で、衝動的に予約。

一時間半の探検ツアーです。





鍾乳洞の洞窟からのスタートにどきどき!

5年前にはじまったツアーなんだって。


港川原人の存在、
発掘調査のハナシなどなど、
普通におもしろい!


チビが騒ぐので
聞き逃したこともたくさんあるけど。



それよりも

2000年前くらいから
ずっとここにある

樹木、岩、川、空気。


清々しさに、心が洗われました。




安産や子宝を祈願するらしい聖地があり

手を合わせてきました。
いつでも来ていいよーん、三人目ちゃん。


ここには


母神

と書かれた札があるんだけど
読み方は分からないんだって。



不思議。


いまでも、地元の方は
参拝されているそうです。



[PR]
by u-rararara | 2013-01-20 16:15

やりきった!

a0120978_2323615.jpg


バイパーズの後輩の
ウェディングパーティ。


気取らず自然体で
あったかーい時間。

めーっちゃ、楽しかった!!


シャイな新郎さんと
愛されキャラのちかちゃん。


喜んでくれて、嬉しい〜(*^_^*)



わたしががんばったのは


ご両親からのお手紙ムービーの編集。


沖縄ウェディングの写真と
福山雅治の「家族になろうよ」をバックに

お母さま、お父さまからの
お手紙を流しました。


歌詞、改めて聞くと
胸がじーーん。とする。


お父さまは、
ふたりへのメッセージの後に

「我々両親との時間はそんなに長くはありません。

だけど、ここの皆様となら、何倍もの時間をお付きあい頂けます。

こんな皆様に出会えたのは、とても幸運だとも思います…」


と、綴られていました。




ご両親の愛が
いっぱい。いっぱい。いっぱい。





1ヶ月半のドタバタ準備だったけど

やっぱりしてよかった!



結婚式は、家族の大切さを

改めて感じられる時間。



大切にしていきたい文化。





チアも大成功でした??

人生でいちばん高いトスと
最高に気持ちいいツーハイ。

最後は、シャイな新郎さんも
エレベーターにのってポーズ!


やっぱりチアは楽しい!!
[PR]
by u-rararara | 2013-01-20 02:12

海の虹

沖縄に来ています。


今朝ははじめて青空が。

てぃーだ、沖縄の太陽は

やっぱりパワーを秘めてる。



本部の海からは

虹が出ていました。

気持ちいい〜。



a0120978_12133453.jpg

[PR]
by u-rararara | 2013-01-18 12:08

チャレンジ*WEDDING CHEER

「来週の二次会チア、めぐさんトス飛べる?

2-1-1のトップトップも(3段の一番上ね)」


という衝撃のメールがきたのが
3日ほど前。

11人も集まったのに

トップが私だけなんだって。



トスって!!ええええ〜!!


最後に飛んでから、
確実に10年はたってるよ。。。

でも、トスのないチアなんて
華がなさすぎる。

ベースは男の子だし、なんとかなるかも!




そして今日は1回きりの練習。


何度かトスにトライするものの

体はカチンコチン、心はふわふわ。


早く飛ばないと迷惑かけちゃう、けど

思いきれない〜。



うまくいかない私に、
ベースの男の子がぽつり。

「大丈夫めぐさん、ビビらなければ」と。



そうだ、チャレンジするって決めたんだ!



深呼吸して

体を締めて

自分を信じて

ベースに任せて


ダウンアップ!!



ひゅーーんっと、


長い時間、飛んだ気がしました。

息できないけど、気持ちいい。



何度か練習して一段落すると

「めぐさん休憩しなよ、精神的にお疲れやからさ」

と、声をかけられ


みんなも、こうして乗り越えてきたんだ。
わたしも、ひとつ超えれたんだ。

なんだか嬉しくなりました。



飛ばしてくれて、ありがとう。




2-1-1は、ステップアップで。

確かこれ、いつかの大会で、
グラグラしながらチャレンジした技。


でも

今は落ちる気がしない。

めちゃめちゃ楽しくて、何回でも乗れそうでした。


27歳のわたしに言いたいな。

まだまだできる。
やればできる。
うまくなれる。



あと一週間。

イメトレするー!


ついでに、司会にも初チャレンジです。
[PR]
by u-rararara | 2013-01-14 03:09
気づけばゼクシィに異動して10年。


同世代の子たちは、フリーになったり転職したりして

今となっては

チームリーダーもかなりの年下だし

一回り近く離れた20代の子たちもたくさん。


みんな、

容赦なくやってくる仕事とプレッシャーの中で

モチベーションあげて

やりたいことを探して

自分を信じてがんばってる。



そういう子たちを見ていたら

特に男の子には

「どんなご両親なのかなー」と思ってしまいます。




ごんたと、かぜちゃんも


じぶんで、やりたいことを見つけて

やりぬく力を持てるといいな。



何事も、ひとりの力では成し遂げられない。

周りの人に頼り、頼られる人になれるといいな。



●●くんのように。

と、同僚の顔が思い浮かぶ。

そういう職場で働けたのは、ラッキーだったなぁ。


ごんたたちが

●●くんたちと、肩を並べるのは

早くても20年先。




今、お箸が上手に持てないことや

小さなことで友達とケンカしちゃうこと

朝バナナが1本しかなくて

ふたりで取り合ってめんどくさいことなんかも



20年後にじぶんの足で歩けるようになるんだったら

今はまあ、これでいいか。

そしてわたしは

ふたりのやりたい何かを

いちばんに応援する人。


20年後も、今も。


それでいいのだ。

a0120978_19201516.jpg

a0120978_19201668.jpg

[PR]
by u-rararara | 2013-01-12 07:04 | かぞく