大阪人のだんな、6歳のごんた、もうすぐ3歳のかぜちゃんの4人家族。日々の子育て&ごはん日記


by u-rararara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

*すっきり

a0120978_10203576.jpg


土日、アドラー心理学の講座に行ってる間に

ふたりは散髪してすっきり。

わたしはココロがすっきり。


土日に面倒見てくれたダンナに、

楽しかったの、ありがとう。

と、言うと

それが、何より。よかった。

と、返ってきた。



きっと彼には

心理学もヨガも、必要ないんだ。

毎日が満月のようなココロなんだ。


改めて、

夫婦はうまいこと凸凹なものだなと

思ったのでした。
[PR]
by u-rararara | 2013-03-25 10:12

*勇気とは

ごんたの足に、イボができました。

冬のはじめ頃だったかな。

触るとイタイねん、と言い出して。




そのうち治るかなーと放っておいたら

ぐんぐん成長してしまい

先月やっと、病院へ行きました。



あら、大きなイボやね。
焼くからカラダ押さえといて。


と、先生。


ウイルス性のイボ。

液体窒素で焼いて、壊死させる治療が一般的なんだって。


それはそれはもう、痛いらしくて。
ごんた、泣いて叫んでおりました。




完全にとれるまで、週一ペースで通院することに。


ごんた、
「次は、おとうと行く。泣かずにがんばるとこ、見てもらう」


二回目、三回目はもっと痛かったらしくて
おとうに抱っこされて帰ってきました。



四回目は、私と行きました。

診察が近くなると、だんだんテンションダウン。。

「オレ、ほんまは、帰りたい。痛いのいややねん。あしたにしたい、、。」




今日で終われるかもよ、と励ますと

「でも終わらへんかもしれんし、
痛いの嫌やし〜!!」


よしもと新喜劇ごっこしようや、と茶化すと

「しょんぼりしてるからでけへんわ!!」


プンプン怒るごんた。



やっと先生が来て、足をふれられると、泣き出してしまいました。

が、

なかなか経過が順調で、
焼かずに芯がとれました!


痛みがなければ、これで終了。



わたしは

怖いのをガマンして待てたことに、感動しました。


痛いのが分かってるから
どんどん怖くなっちゃったんだよね。

怖いのガマンしようとして
プリプリ怒ってたんだよね。





勇気。

それは、困難を克服するチカラ。




ごんたの中に、芽生えているのを感じたのでした。

そして、気づけたじぶんにも、嬉しくなったのでした。
[PR]
by u-rararara | 2013-03-23 17:37

*がおー

a0120978_18274384.jpg

じてんしゃで、がおー!

ライオンの公園、また来てます。


a0120978_18274451.jpg

[PR]
by u-rararara | 2013-03-22 18:22

*そうかずハイパー

a0120978_15545213.jpg

じぶんでかんがえて、ほんにのってないのをつくって

がったいしました
[PR]
by u-rararara | 2013-03-20 15:52

*やられたワ *

a0120978_18403683.jpg


a0120978_18403868.jpg

北畠公園。

保育園でさんざん遊んだはずなのに、自転車してボールして、元気で何より!

夜の工事現場みたい。

かぜちゃん、立ち上がって、お口をモゴモゴ、、。


「やられた、ショベルカーに、やられたワ」


わははは。

今日も大笑い。ありがとう★
[PR]
by u-rararara | 2013-03-19 18:33

*勇気づけ

a0120978_10265458.jpg


久しぶりにライオンの公園に行きました。

昭和なかんじの、石っぽい急な滑り台があるのです。


「そういえば、小さいころ、後ろ向きに滑ってたなあ」と、ごんた興奮。


そうそう。2歳になる前くらいかな?昼も夜も行ってた。こんなふうに。
a0120978_10331276.jpg

a0120978_1033461.jpg


ごんた、久しぶりに滑ろうとしたものの、なかなか滑る勇気がでない。

「前からも後ろからも怖いわ!」と言うので

手を伸ばしてサポートするから滑ってみてー、すぐ届くから。と、言うと

恐る恐る・・・滑れました!

かっこいい~!!

「こわーー、でも面白い~!!!」と、何度もチャレンジ。

あっという間に、ひとりで滑れるように。




それを見ていたかぜちゃん。

「じぶんも!」と、階段をトントン登っていきました。



が、上に立ってみると・・・「やっぱりこわいわ」と、降りてきました。恐る恐る。

階段も、急なのです。昭和なかんじだから。

見てるほうがハラハラする!

手を取ろうとしても、「ひとりで!」と、突っぱねられて、やきもき。



最後の1段。

トンと、降りると、ごんたが駆け寄ってきました。

「おぅ!かぜちゃん、スゲーやん。さいごまでひとりでおりれたな!がんばったな!」

かぜちゃん、「うん!!」と上機嫌。



「こんどは、オレがいっしょにすべったるわ!」と、ごんたが言うと

ふたりで階段を登って、ふたりで座って、ふたりでシューっと滑り降りてきました。

a0120978_10265551.jpg



ごんた、素敵♪ありがとう。





こういうの、「勇気づけ」っていうんだろうなぁ。

10月に行った「勇気づけの子育て講座SHINE」
最近、意識していなかったけど、ごんたには届いてたんだ、と嬉しくなりました。

今週末、続編の講座に行ってきます。とっても楽しみ★
[PR]
by u-rararara | 2013-03-18 09:48

*まいにちかわるから*

a0120978_9314898.jpg


「おかあ、だいすき」

ごんたはよく、言ってくれます。

最近は、かぜちゃんも言ってくれるようになって、とっても嬉しいです。



「ちきゅうよりも、うちゅうよりも、ひかりのくによりもいっぱいすき」とか。

「おかあ、しんでもだいすきやで」とか。→勝手に殺すな!



今朝、

保育園に着いたところで

「あのな、一日のうちでも、かわるねん。朝より夜のほうがすきやねんで。」

「だからまいにち、言うてんねんで、だいすきって」



思わず、ムギューでした。

今日も一日、がんばれそうです!


a0120978_9314856.jpg

[PR]
by u-rararara | 2013-03-15 09:27

*たたかい

a0120978_21104035.jpg


どどどどーん。
ずずずずーん。

ウルトラマンとくるまのたたかい。
[PR]
by u-rararara | 2013-03-13 21:09

*思い出し

横で寝ているごんたが、笑い転げています。

また、吉本新喜劇の夢・・・。


「おかあ、オレ吉本に出たいねん。一緒にでようや」とのオファーがあり

どうしたものかしら??


「練習しよ!オレしげじい、おかあはゆみさん(末成由美)な」とか。

複雑すぎるわ。

a0120978_4484554.jpg

[PR]
by u-rararara | 2013-03-10 04:52

*しらんわ*

保育園の帰り道。

無音の救急車がやってきたので、

「かぜちゃん、救急車がぴーぽーいってないの、なんでやと思う?」と尋ねると

「しらんわ」だってさ(笑)




細かな道理が気になるYちゃんもごんたも、

おおざっぱなかぜちゃんも。



私たちがどんな育て方をしても

持って生まれた性格があり、

どんな言葉かけをしても、

彼らが自分でセレクトいているのかもしれない。

じぶんとじぶんの立場にフィットするものを。

だから兄弟でもこんなに差があるのかもしれない。






それで、何がひっかかってるのかというと、

Yちゃんママは、とっても優秀な制作アシスタントで、

段取りのよさも、気配りも、スペシャルだったのです。

だから私から見たら、

今のままで、Yちゃんは安心なのです。



でもYちゃんママは一生懸命考えていて

プラスアルファのファジーを伝えようとしていて

なんだか最強に見えたのです。





そしたら、

私がいろいろコントロールしようとして、迷ってることも、

あー、迷いたいなら迷えばいいんだーと思えてきました。


究極は彼ら自身がすでに持っているもので

親としてはプラスアルファを、「こんなんもあるで」って見せてるだけというか。



昨日、ヨガの講義が哲学で、

「なにを求めて生きていますか?」みたいなディスカッションがあり、

イーシュワラとかモークシャとか、難しい言葉を聞きながら、そんなことを思っていました。

すべてはじぶんの中にあって、気づいていないだけだということ。





それで改めて思ったのは、

やっぱり今の私にできることで、

できていないのは一つで

はひーー、とため息をつきたいとき、無心で座れるソファみたいな。役割でいること。



私はたまに、保育園に行く前に

カフェでぼんやりすることがあるんだけど、そんなかんじ。

↑ベストは、ソファのあるスタバとかだけど、時間もないので駅ビルのドトールだったりしますが。




居心地のよいソファって

カフェのように北欧から取り寄せたり、間接照明でどうこうしたらいいってものじゃない。




と、気づいた朝7:00。



哲学より、目の前の現実。

そろそろ焼きおにぎりを焼いて、保育園の準備します!!
[PR]
by u-rararara | 2013-03-06 07:14 | わたし